こだわり

1. 木曽産のヒノキへのこだわり

わつみ工房のある愛知県一宮市内に、木曽ヒノキにこだわった製材所があります。一流の目利きでヒノキ丸太を買い付け、長年こだわり続けた製材加工。自然乾燥されてできた木材を、わつみの積み木用に特別に仕入れて製作しています。実は、このヒノキに出会っていなければ、わつみの積み木は存在さえしていません。食べれるほど安全な木を捜し求めていると、突然飛び込んだ私に、ヒノキのこと、製材のこだわり、角材の運び方、自然への想い、仕事への哲学、等々を教えていただきました。

わつみを手にする方へ
そのような、一言では表せない特別なヒノキだから、子どもの大切なおもちゃにしたい!!との想いでおもちゃ作りをしています。

2. 精度にこだわった積み木作り

木は水を吸収します。水を吸って成長するため木の断面はストローの束のような構造だからです。
なので、湿度の高い日には膨張するため製材ができません。(実際には、ひし形に変形します。)
そして、乾燥した日には形が変わってしまうからです。
双積み木は、はめ込んで遊ぶ積み木です。正確な形状が要求されますので、梅雨の時期や、雨が続くと積み木作りができないので、ご注文いただいてもお待たせする場合がございます。ご了承いただけますようお願い致します。
長く遊べるものを提供したいためです。

『双』積み木は接着して組み立てる積み木です。
こわれにくいように、ミゾをつけて補強をし、確実に接着します。
お子様のおもちゃですので、投げたり踏んだり、無理に押し込んだりするかもしれません。
丈夫に作ります。

3. 手作りにこだわるのは、感触のため

時には、生まれたばかりのお子様が触るものです。実際に、一個だけを与えておしゃぶり代わりにされている例もあります。角部の仕上げは人の手でしか仕上げられないと考えています。
だからといって、大きな面取りがいいのではありません。遊んで楽しく、角部の感触も大切です。
そのために、手の感触を大切にして面取りをしています。
鋭利な角を取り除く作業ではなく、優しい感触を取り付ける作業だと考えています。

4. とことん遊んでみることへのこだわり

単純な形は想像力を養うには良い!!と、よく言われますが、確かにそう思います。木の枝、葉っぱ、石だけでも子どもは遊べます。

でも、わつみの考えはさらに、『とことん遊ぶ』です。実際にわつみの中で双積み木の作品例を大人が作っています。

何年も、時には遊び忘れ・・・それでも思い出しては作り。数年たっても、「おお、この積み方は新しい!!」などと本気で感動を覚えます。

子どもが遊んで楽しいのは始めだけ。時々思い出して、また遊ぶ習性?があります。その時に成長を感じられるのです。

せっかく遊ぶなら、子どものまわりのみんなが遊ぶ事で、もっと遊びたい。悔しい。褒められたい。認められたい。完成する喜び。などの感情が刺激され、よりよいコミュニケーション能力が育ちます。

・遊び方を覚える。・・・理解力をみにつける。

・長く遊ぶ提案。・・・また遊びたくなる。成長が感じられる。

・増やして遊ぶ。・・・創造力を育てる。集中力を育てる。

・遊びが発展する。・・・新しい遊び方、新しいパーツの提供。

か必要だと考えています。

贈り物として。
世界にひとつの特別な贈り物。お名前をお入れします。

たった一つの、心のこもった贈り物に。お名前を入れるサービスを行っています。

自分だけの特別なおもちゃは、とても大切に遊ぶことができます。